MENU

肝斑とはどんなもの

肝斑というのはシミの一種です。 同じシミでも色や広がりによって状態が異なりますが、左右対称に出て地図状のように広がっているのが肝斑といわれています。 目の下の頬骨あたりに出ることが多く、ソバカスのように小さく出ないことから目立ってしまうのが特徴です。

肝斑は茶褐色で額や唇の周りにも出てしまうことがあり、大きく現れてしまうことから化粧で隠すのも難しいです。 原因は紫外線による外からの刺激や皮膚への摩擦、女性ですと妊娠や出産や閉経によってホルモンバランスに変化と共に肝斑が現れることもあることから、女性ホルモンと関係があるともいわれています。 ただストレスによっても肝斑が出ているケースもあることから、これといった特定の原因は見つからないことが多いです。

肝斑が現れましたら紫外線による刺激は大敵とされていますので、日焼け対策をして食生活や生活習慣を正し、ストレスを溜めないように心掛けることによって悪化を防ぐことができます。 肝斑を取るためにクリニックに相談し、他のシミと同様にレーザー治療によって改善しようとしますが、他のシミとは症状が違うことから逆に悪化することにもなりますので、専門家の指導の元でゆっくりと治療をしましょう。

顔に肝斑ができる原因

30~40代に突入しますと、頬の辺りや額や口の周りに地図状の肝斑が現れます。 最初はシミと勘違いをしますが、人によっては妊娠時でも肝斑が現れてしまいます。 60代以降は徐々に薄くなってしまうことから、女性に関してはホルモンバランスも原因の1つに含まれています。

しかしホルモンバランスだけではなく、紫外線での肌のダメージや洗顔中やフェイスマッサージでの強い摩擦、ストレスによって肝斑が現れるケースもあります。 そのため特にこれといった原因を確定するのは難しいと言えます。

肝斑が現れてきた場合には、これ以上広がってしまったり色が濃くならないようにと肌に刺激を与えないことが大切なので、外出時の紫外線対策をすることが必要になってきます。 そして生活習慣や食生活を見直し、美肌効果としても高いビタミンCと取り入れますと、肝斑にも良い影響を与えることができますし、専門の人に相談しますと悪化させないように薬の処方やアドバイスされることもあります。

通常のシミとは違いレーザーでの施術をすることはできませんが、先ほども書いたように60歳過ぎますとホルモンバランスにも変化が出てきて改善することもありますので、悪化させないようにゆっくりと改善することが大切です。

顔の肝斑を解消する化粧品

肝斑はシミの一種ですが通常のシミとは違い、大きさや左右対称で同じ位置にできてしまいます。 それに肌の老化現象ではなくストレスや妊娠等でも出てしまいますので、目立たなくしたいや消したいと思いましたら通常のシミとは違った対処方法で試してみましょう。

化粧品で肝斑を消したいならば、ビタミンCやハイドロキノンなどが配合されている美白化粧品を使用することによって、他のシミと同様に徐々にですが症状が改善してゆきます。 さらに効果を高めるならば美白化粧品と併用しながら、トラネキサム酸が配合されている内服薬を飲むことによって、肝斑の原因の1つとなっている色素沈着を抑制する効果が表れます。 おすすめの美白化粧品でシミ解消

年齢や肌の状態によっては通常のシミはほとんど出ていないですが、肌の老化が進みますと通常のシミと混ざってしまいますので、肝斑との見分けが付きにくくなってしまいます。 美白化粧品は通常のシミにも効果があることから両方改善するために使うことができますが、その時に肝斑を優先的に改善しておきましょう。

医療機関にてシミを取りたいと相談しても、レーザー施術では肝斑の治療が難しく逆に悪化してしまうこともありますので、両方出てきてしまいましたら肝斑の治療を先にしておきましょう。

更新履歴