MENU

顔に肝斑ができる理由について

30~40代に突入しますと、頬の辺りや額や口の周りに地図状の肝斑が現れます。
最初はシミと勘違いをしますが、人によっては妊娠時でも肝斑が現れてしまいますし、60代以降は徐々に薄くなってしまうことから、女性に関してはホルモンバランスも原因の1つに含まれています。
しかしホルモンバランスだけではなく、紫外線での肌のダメージや洗顔中やフェイスマッサージでの強い摩擦、ストレスによって肝斑が現れるケースもありますので、とくにこれといった原因はないのです。
肝斑が現れてきた場合には、これ以上広がってしまったり色が濃くならないようにと肌に刺激を与えないことが大切なので、外出時の紫外線対策をすることが必要になってきます。
そして生活習慣や食生活を見直し、美肌効果としても高いビタミンCと取り入れますと、肝斑にも良い影響を与えることができますし、専門の人に相談しますと悪化させないように薬の処方やアドバイスされることもあります。
通常のシミとは違いレーザーでの施術をすることはできませんが、先ほども書いたように60歳過ぎますとホルモンバランスにも変化が出てきて改善することもありますので、悪化させないようにゆっくりと改善することが大切です。