MENU

肝斑について

肝斑とは、一言でいえばシミです。
同じシミでも色や広がりによって状態が異なりますが、左右対称に出て地図状のように広がっているのが肝斑といわれています。
目の下の頬骨あたりに出ることが多く、ソバカスのように小さく出ないことから目立ってしまうのが特徴です。
茶褐色で額や唇の周りにも出てしまうことがあり、大きく現れてしまうことから化粧で隠すのも難しいです。
原因は紫外線による外からの刺激や皮膚への摩擦、女性ですと妊娠や出産や閉経によってホルモンバランスに変化と共に肝斑が現れることもあることから、女性ホルモンと関係があるともいわれています。
ただストレスによっても肝斑が出ているケースもあることから、これといった特定の原因は見つからないことが多いです。
肝斑が現れましたら紫外線による刺激は大敵とされていますので、日焼け対策をして食生活や生活習慣を正し、ストレスを溜めないように心掛けることによって悪化を防ぐことができます。
肝斑を取るためにクリニックに相談し、他のシミと同様にレーザー治療によって改善しようとしますが、他のシミとは症状が違うことから逆に悪化することにもなりますので、専門家の指導の元でゆっくりと治療をしましょう。